VA/VE提案|単品加工.com

VA/VE提案

材料材料の適正購入単位によるコスト削減手法

before
■材料の購入における価格の決定要素を把握していないと、コストアップになってしまいます。
after
材料の適正購入単位によるコスト削減手法B
■材料の購入単位は外径で決定します。
例えば、普通鋼の場合Φ100→Φ105→Φ110という具合に材料の外形が決まっています。

■特にSKD11の様な特殊鋼材料の場合には購入単位が20~40とびになっています。

■加工精度がΦ99でも問題が無い場合には材料購入の時点でΦ100を購入することができるため材料費の削減に成功します。

■きりの良い寸法の材料の値段は、きりが良いとはいえません。
お問い合わせ・お見積りはお気軽に!

単品加工.comでは、短納期のお仕事やお一つからの部品加工もお受けしております。まずは、お気軽にお問い合わせください。

06-6723-0031お問い合わせ・お見積もりはこちら